生にんにくと黒にんにくの違い

同じ「にんにく」でも全く違う有効成分

生のにんにくと黒にんいくではどのような違いがあるのでしょうか?

 

ニンニクには「アリシン」「スコルジニン」「有機ゲルマニウム」「セレ二ウム」「アリチアミン」などと言った成分が多く含まれています。

 

その中でも「アリシン」は抗菌作用を持つ物質と言われています、さらに「アホエン」はアリシンを加熱することによりできる部室で抗血栓作用やコレステロール抑制作用があるのです。

 

しかし、実際はにんにくを料理に使っても、そんなに多くのにんにんく摂取することは難しいです・・・

 

さらに独特のにおいや味は通常生活の中でいつでも食べられるものではありません。 これに比べて黒にんにくは、発酵・熟成により「におい」や「辛味」がありません。
また、熟成することにより効果もパワーアップするのです。

 

生ニンニクと黒にんにくの大きな違いとしていくつか上げられることのまず一つ目が熟成により臭いの元となる「硫黄化合物」が大幅に減少されるので独特の匂いが少なくなること。

 

続いて二つ目が熟成し黒にんにくとなることにより「s-アリルシステイン」といった成分が生成され、強力な抗酸化作用をもたらしてくれます。これにより動脈硬化の予防や改善、悪玉コレステロールの減少をサポートしてくれます。

 

そして三つ目が赤ワインなどに含まれ、同じく「抗酸化作用」に特化した成分「ポリフェノール」を黒にんにくとなることでその含有割合が増加します。

 

最後にもっとも注目したいのが「NK活性の効果」です。 これらの作用が凝縮されているのが「青森県産黒にんにく」なのです。食べ過ぎのないように毎日摂取していけば、健康な体になることは間違いないのです。