必見!黒にんにく食べ過ぎ注意【※購入前に知っておきたいこと】

食べやすく、体に良い『黒にんにく』

青森県産黒にんにくは上質な県産にんにくを独自の方法で熟成させ誕生します。

 

ドライフルーツのような感覚で食すことができ、生のにんにくのように口臭が気になることがありません、その黒にんにくの素晴らしさをこれからご紹介したいと思います。

 

・黒にんにくパワーで元気生活

 

青森県は全国で有数のにんにく生産業を誇るいわばにんにく王国です、 その良質なにんにくを高温多湿の環境で丹念に熟成させ作られるのが青森県産黒にんにくです。 

 

黒人にんにくは生のにんにくとは違い、独特の臭いや辛味がありません。

 

熟成により甘みがありドライフルーツのような感覚で食べることができます、この黒にんにくが今大変注目を集めているのです!

 

それは健康的な体を作ると共に最新の研究で様々な効果が発見されたからなのです。

 

この効果についた元弘前大学教授の佐々木博士は次のように述べています。

 

こういった仕事をする場合には科学的な成分を分析するってことがまず第一ですね。その分析の結果、生ニンニクにはない 「s−アリルシステン」(生ニンニクにはほとんど含まれず、発行、熟成によりできる含硫アミノ酸の一つ。血液力アップ作用と、抗酸化作用に優れている) これが大量にできているんです。そういった有効成分ができることによってその作用が体にとって非常に良い働きをするのです。

 

もう一つの凄い有効成分が、「抗酸化活性作用」(発酵、熟成することにより抗酸化活性作用アップし、活性酸素を消去する働きが大きくなる) DNAにキヅをつけるような活性酸素を抑える作用がかなり強いんです。

 

そして一番注目すべきが、あくまでもまだ動物レベルの実験結果なのですが50%のマウスのガンが治るという驚きの結果も出ています。

 

 

その理由は「NK活性」(ナチュラルキラー細胞の強さを表す生体の免疫力の指標。NK活性が弱い人は、強い人に比べガンになりうやすい) といったガンを殺す細胞が相当上がっていることと、「サイトカイン」(細胞から分泌されるたんぱく質で、特定の細胞に情報伝達するものをいう。)の活性が上がったことがわかった。

 

フルーツのような感覚で食べれることからいろいろな利用範囲が広がり、抗酸化活性作用、免疫活性作用を手軽に得ることができるメリットがある。そういった点でこの黒にんにくは健康維持に欠かせない食材だ。